おすすめ情報

釣りスポットとして…

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。

今回は食堂などが有名な平塚漁港(須賀港)に出かけてきました。

平塚駅からバスで8分!釣りが楽しめる平塚漁港

平塚漁港は相模川の火口付近にある港です。

見晴らしが非常によく、相模湾が一望できます。

休日ということもあり、堤防付近は釣り人で賑わっていました。平塚漁港の一部分は釣り人向けに開放されているらしく、運がよければアジキスなども釣れるようです。

周辺には釣り船のお店があり、多くのお客さんで賑わっていました。

平塚漁港は食堂で有名

平塚漁港の食堂
所在地平塚市千石河岸51-14
アクセス
「南町」バス停から徒歩4分
営業時間(食堂)
営業時間: 11:00~15:00*定休日あり

平塚漁港は近くにある食堂でも有名です。「平塚漁港の食堂」では漁港で採れたての魚を使ったお食事を楽しめます。

今回は時間の都合上行くことはできませんでしたが、近いうちにリベンジしたいと思います。

ところで、平塚漁港の近辺には「須賀港」というバス停があり、バスで平塚漁港に行く場合はここで降りることになります。しかし、「須賀港」という名称の施設はありません。一体どういうことなのでしょうか?

「平塚漁港」と「須賀港」

「須賀港」は平塚漁港の旧名称です。平塚市観光協会によると、江戸時代には「幕府公認の七つの湊の一つ」となり、物流・文化の発信源として、また大山参拝の玄関口として栄えたそうです。

須賀港は江戸時代幕府公認の七つの湊の一つであり、相模の国の物流の集散地であり文化の入口でもありました。江戸時代人気のあった大山参拝の海の玄関口として多くの人で賑わいました。天保年間には、平塚宿より須賀村の方が人口が多かったそうです。明治20年鉄道が開通すると船便は寂れ、漁船だけの港となりました。

湘南平塚ナビ「ひらつかタマ三郎漁港(須賀港)」https://www.hiratsuka-kankou.com/spot/sukakou.html

昭和27年には「平塚漁港」に改称され、現在「須賀港」という名称の施設は存在しませんが、神奈川中央交通のバス停にその名を残しています。

平塚漁港(須賀港)の基本情報

平塚漁港(須賀港)
所在地神奈川県平塚市千石河岸
アクセス平塚駅から徒歩30分
平塚駅南口から「須賀港行き」のバスで8分
駐車場料金通常期(9月~6月)
2時間まで: 200円
4時間まで: 400円
7時間まで: 700円
7時間以上: 1000円

夏期(7月~8月)
1時間まで: 200円
2時間まで: 400円
4時間まで: 600円
7時間まで: 900円
7時間以上: 1200円


駐車場開場時間10月~3月
4:00~18:00

4月~9月
4:00~20:00

以上、平塚市「ひらつかタマ三郎漁港フィッシャリーナ、駐車場及び広場」https://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/nosui/page-c_00576.html をもとにライター作成

平塚市についてもっと知りたいならメンバーシップ登録がおすすめ

当サイトではカテゴリ「平塚市特集」にて、平塚市のさまざまな情報を発信しています。

また、メンバーシップに登録することによって会員限定コンテンツを閲覧可能です。

平塚市内で物件をお探しの方は、ぜひ登録をしてみてください。

おすすめ情報

【平塚市】植物園「…

,

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。

先週、平塚市にある「花菜ガーデン」に行ってきました。

バラや紅葉が楽しめる!神奈川県立花と緑のふれあいセンター 花菜ガーデン

花菜ガーデンは平塚駅北口から秦野駅行きのバスに乗り、「平塚養護学校前」バス停から歩いて5分ほどの場所にあります。

入場料はシーズンによって異なりますが、今回は550円で入場できました。

エントランスを抜けると目の前に「広場」があります。

広場にはステージがあり、この時はフラダンスの催しが行われていました。

花菜ガーデンで秋バラを撮る

今回花菜ガーデンに向かった理由は、秋バラを撮るためです。花菜ガーデンにはバラ園があり、およそ1300種にものぼる種類のバラが植えられています。

ピークは少し過ぎてしまっていたものの、なお綺麗なバラをファインダーに収めることができました。

せっかくなので、オールドレンズ(フィルムカメラ用のレンズ)でも撮ってみました。

幻想的な玉ボケが特徴的な写真です。

花菜ガーデンで秋の植物を撮る

バラ以外でも、花菜ガーデンには秋に見頃を迎える植物がたくさんありました。

キクも満開でした。

花菜ガーデンで食事・買い物を楽しむ

今回は個人の都合により写真を撮ることはできませんでしたが、撮影が終わった後は併設のレストランでカレーをいただきました。

花菜ガーデンのレストラン「キッチンhana」では、地場産の食材を使った様々な料理を楽しめます。日替わりメニューもありますよ。

平塚市についてもっと知りたいならメンバーシップ登録がおすすめ

当サイトではカテゴリ「平塚市特集」にて、平塚市にまつわるさまざまな情報を発信します。

また、メンバーシップに登録することによって、平塚市周辺の会員限定物件を閲覧できます。

平塚市内で物件をお探しの方は、ぜひ登録をしてみてください。

平塚市の植物園「花菜ガーデン」の基本情報

施設名神奈川県立花と緑のふれあいセンター
花菜ガーデン
所在地神奈川県平塚市寺田縄496-1
アクセス【電車・バス】神奈川中央交通「平塚養護学校前」バス停より徒歩5分

【車】小田原厚木道路 平塚ICから約5分
入場料
括弧内は団体料金
【レギュラーシーズン(2月~4月、6月~12月)】
シニア(65歳以上)400円(300円)
大人(20歳〜64歳)550円(450円)
中人(学生・高校生)300円(200円)
小人(小中学生)200円(100円)

【ピークシーズン(5月)】
シニア(65歳以上)150円(100円)
大人(20歳〜64歳)200円(150円)
中人(学生・高校生)100円(50円)
小人(小中学生)100円(50円)

【スローシーズン(1月)】
シニア(65歳以上)600円(500円)
大人(20歳〜64歳)900円(800円)
中人(学生・高校生)550円(450円)
小人(小中学生)300円(200円)

未就学児は無料
休園日【3月~6月、10月、11月】無休

【7月〜9月】第2、第4水曜日(祝日の場合は翌日)

【12月〜2月】毎週水曜日(祝日の場合は翌日)および12月28日~1月4日
営業時間【3月、4月、6月~11月】10:00〜17:00
【2月、12月】10:00〜16:00
【5月】8:30~17:00
【1月】9:00〜16:00
駐車場【普通車(2.4m以下)】500円
【大型車】1250円
【二輪車】無料
その他年間パスポート(2400円)販売
レストランなど併設
神奈川県立 花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン」HP『ご利用案内』をもとにライター作成。