おすすめ情報

マンションとアパー…

意外と知らないマンションとアパートの違い。当記事では、マンションとアパートそれぞれの定義、そして違いについて解説します。

PR: 平塚市で物件をお探しの方は会員登録がおすすめ

平塚市など湘南で家をお探しの方には、家サーチの会員登録がおすすめです。

営業担当者選りすぐりの会員限定物件を閲覧可能です!

マンションとアパートの明確な違いはない

マンションは比較的高層の建物でアパートは低層の建物、というように各々でイメージがあるかと思いますが、実際にはマンションとアパートという言葉が、建築基準法などの法令によって明確に定義されている訳ではありません。

ただ、実際にはいずれも何かしらの法則に則って使い分けがされています。

次に、マンションとアパートを区別する二つの基準を示します。

建物構造に着目したマンションとアパートの違い

一般的にマンションとアパートは、建物構造によって分類がされる傾向があります。

具体的には、集合住宅のうち鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造および重量鉄骨造など頑丈な作りをしているものマンション木造・軽量鉄骨のものがアパートという分類になります。

鉄筋コンクリート住宅と木造住宅の違い

少し脱線しますが、鉄筋コンクリート住宅と木造住宅にはどのような違いがあるのでしょうか?

工事費用

費用面で考えると、基本的に木造住宅は鉄筋コンクリート住宅よりも安くなります。

令和3年度「建築物着工統計」によると、居住専用住宅における建物構造別の1㎡あたりの単価相場は以下の通りです。

なお、坪単価は「床面積の合計÷工事額予定額」で求めるものとします。

1㎡あたりの工事費予定額(㎡/万円)
木造17.3万円
鉄骨造25.7万円
鉄筋コンクリート26.4万円
鉄骨鉄筋コンクリート28.3万円
国土交通省「建築着工統計」https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00600120&tstat=000001016965&cycle=8&year=20211&month=0&result_back=1&tclass1val=0 より引用

木造住宅については使用する木材の価格によって幅がありますが、基本的には木造住宅よりも鉄筋コンクリート住宅などの方が工事費は高くなります。

つまり、おおむね木造住宅よりも鉄筋コンクリート住宅の方が工事費が高い分、家賃も高く設定される傾向があります。

防音性能

鉄筋コンクリート住宅と木造住宅の違いでよく言われるのは防音性能です。

基本的には、鉄筋コンクリート住宅は木造住宅と比較して防音性能が高い傾向があります。

アパートと比べてマンションは防音性能に優れている、と言われるのはこのような構造が関係しているというわけです。

階数に着目したマンションとアパートの違い

集合住宅のうち、2階建てのものをアパート3階建て以上のものをマンションと呼ぶことも多いです。

マンションvsアパート〜どっちがおすすめ?〜

以上を踏まえて、マンションとアパートのどちらが良いか考えていきます。

マンションに住むメリット

防音・遮音性能に優れている

とりわけ鉄骨コンクリート造のマンションの場合、構造上遮音性・防音性が高いため、そういった煩わしさをなるべく抑えることが可能です。

耐震・耐火性能に優れている

マンションは鉄筋コンクリート造などで頑丈な構造になっているので、アパートと比較して耐震性能に優れています。また、コンクリートなどでできているため、耐火性能も高くなっています。

マンションに住むデメリット

家賃や管理費が高い

マンションは構造上アパートよりも工事費や維持費がどうしても多くかかってしまうため、家賃や管理費は高めに設定される傾向があります。

アパートに住むメリット

家賃・管理費が安い

アパートに住む最大のメリットは、マンションと比べて家賃や管理費が安いという点です。

特に都市部のマンションは賃料が高いので、生活のための出費を削れるという点でアパートは優れています。

アパートに住むデメリット

防音性能が低い

アパートの多くは木造住宅です。木造は防音性能が弱いため、どうしても音漏れしやすくなりがちです。

木造アパートに住む場合は、外や隣の部屋に音が漏れないようにするための対策が必要になります。

耐震・耐火構造に問題あり

アパートは基本的に木造住宅です。

木造住宅は燃えやすく、また鉄筋コンクリート造の建物と比較すると耐久性が低いため、耐震性能・耐火性能にはどうしても難があります。

まとめ | マンションとアパートの違いは構造と階数

以上をまとめると、一般的に集合住宅のうちマンションは「3階建て以上、鉄筋コンクリート造などの頑丈な構造」のもので、アパートは「2階建て、木造、軽量鉄骨造」のものという使い分けがされている、となります。

不動産に関するお悩みは平塚メイン不動産の「不動産相談会」で解決!

不動産について気になる方は、弊社平塚メイン不動産が開催する不動産相談会へのご参加がおすすめです。

不動産の道を極めたスタッフが、あなたのお悩みや疑問になんでもお答えします。

詳細は下記ページをご覧ください。

おすすめ情報

マンションでインタ…

マンションに住む際に気掛かりなのがインターネット。

マンションでインターネットを使う方法は主に「無料で提供されているインターネットを使う」「個別にプロバイダと契約する」の2つがあります。

そこで今回はこの2つを比較し、それぞれのメリット・デメリットなどを説明します。

PR: 平塚市で物件をお探しの方は会員登録がおすすめ

平塚市をはじめとする湘南地域で家をお探しの方には、家サーチの会員登録がおすすめです。

営業担当者選りすぐりの会員限定物件を見ることができます。

マンションでインターネットを使う方法2つ

マンションでインターネットを使う方法は主に2つあります。

  • マンションに設置されている無料インターネットを利用する
  • 個別にプロバイダと契約する

マンションの無料インターネットを利用する

マンションによっては「インターネット無料」と銘打って、マンション単位で契約しているインターネット回線を入居者に無料で提供している場合があります。

通信費を大幅に削減できる

読んで字の如く、無料でインターネットを利用できるのが最大の特徴です。

プロバイダと契約する場合は、月額3000~5000円程度の料金を負担する必要がある他、工事費用も別途かかってきます。

こういった費用を削減できるという点が、無料インターネットを利用する何よりのメリットと言えます。

入居後すぐにインターネットを利用できる

プロバイダと契約する場合は開通工事を経る必要があり、光回線の場合工事に1ヶ月前後を要すると言われています。

その点、無料インターネットは元々マンションに備え付けられているものになるため、入居してすぐにインターネットを利用可能です。

回線の利用状況に影響されやすい

ただし、マンションの無料インターネットにはデメリットもあります。無料インターネットの難点として最も指摘されるのが、回線速度の問題です。

マンションの無料インターネットは、入居者でインターネット回線を共有していることになるため、通信速度は回線の利用状況に左右されやすくなります。

そのため、インターネットのアクセスが集中する時間帯には、回線速度が遅くなる、接続状況が不安定になるといった問題が生じることがあります。

普段インターネットをあまり使わない人におすすめ

マンションの無料インターネットは、普段ほとんどインターネットを利用しない方、また動画の閲覧やオンラインゲームなど大量のデータの送受信を伴う作業をしない方におすすめです。

個別にプロバイダと契約して利用

マンションに無料インターネットが用意されていない場合は、自らプロバイダと個別に契約してインターネット回線を引く必要があります。

また、無料インターネットが備え付けられているマンションでも、後述の理由により個別に契約をする人もいます。

好きなプラン・プロバイダを選べる

自分でプロバイダと契約するメリットとしては、好きなプランやプロバイダを自由に選べるという点が挙げられます。

マンションの無料インターネットの場合、マンション側で一括契約しているプロバイダしか選べません。その一方で、個別に契約すればプロバイダや回線速度などを自由に選べます。

回線が安定しやすい

マンションの無料インターネットと異なり、自分で契約した回線であればアクセス人数も限られるため、回線は比較的安定しやすいというメリットがあります。

仕事や趣味でインターネットをたくさん使う方におすすめ

マンションの無料インターネットと比較して、個別契約した回線は接続が安定しやすいほか、任意のプロバイダ・プランを選べるので、仕事や趣味でインターネットをたくさん使う方にはおすすめです。

特に大量のデータの送受信、オンラインゲーム、高画質動画の視聴などを行う方は回線速度の速いプランに契約するのがおすすめです。

お使いのインターネット速度を計測する方法

ところで、インターネットの速さはどのようにして計測できるのでしょうか。

そこで役立てたいのが「Fast.com」。

このサイトにアクセスするだけで、現在お使いのインターネット回線の速度を計測できます。

Fast.comの結果の見方

Fast.com より一部修正の上引用

Fast.comで出た結果の見方は以下の通りです。

1.ダウンロード(下り速度)

コンテンツをダウンロードする時の速度です。

この数値が高ければ高いほど、ダウンロードが速い、つまりは読み込み速度は速くなります。

2.レイテンシ

レイテンシとは、あるデータを要求してから実際にデータが返ってくるまでの時間を指します。「遅延」という言い方をしてもいいかもしれません。

これらの数値が小さければ小さいほど、通信の遅延が小さくなります。

3. アップロード(上り速度)

アップロードはこちらからデータを送る速度を指します。

この数値が高いと、早くデータが転送できます。

インターネット速度の目安

フレッツ光HPによると、インターネット速度(ダウンロード)の目安は以下の通りです。

使用用途ダウンロード速度
メール・チャットの利用1Mbps以上
Webサイトの閲覧10Mbps以上
Web会議やオンライン配信15Mbps以上
動画閲覧25Mbps以上
オンラインゲームのプレイ100Mbps以上
フレッツ光「インターネットの回線速度が遅い?
目安と7つの対処方法を解説!」https://flets.com/column/internet_speed/ をもとにライター作成

不動産に関するお悩みは平塚メイン不動産の「不動産相談会」で解決!

不動産について気になる方は、弊社平塚メイン不動産が開催する不動産相談会へのご参加がおすすめです。

不動産の道を極めたスタッフが、あなたのお悩みや疑問になんでもお答えします。

詳細は下記ページをご覧ください。