おすすめ情報

今からNFTの話し…

最近話題の「NFT」

 

 こんにちは、高橋ぃぃeeeee!です。昨年からテレビ番組やニュースなどで話題の「NFT」はご存知ですか?簡単に言うと、「コピーの存在しない、デジタル上の唯一無二のデータ」になります。このNFTが現在話題となっており、「NFTアート」や「NFTカード」など、革新的な技術により、デジタル上のデータに資産価値が証明できるようになりました。
今回は、NFTについて簡単にご紹介したいとおもいます。 

 

話題のNFTについて

①NFTとは?

 そもそも「NFT」とは何なのでしょうか?
今まではデジタル上のデータはコピーや改ざんが出来てしまったため、現物の絵画や宝石とは違い「資産価値」がありませんでした。
しかし、技術の進化もあり、ブロックチェーン技術(暗号資産で使われているもの)により、ブロックチェーン上で発行・取引されたデータをコピー・改ざんが出来なくなりました。
この技術により、自分がデジタル上で書いた「絵」がコピーや改ざんが出来なくなってしまった為、現物の絵画同様に「絵」に資産価値が付くようになりました。
その資産価値のついたデータの事をNFT(非代替性トークン)となります。

 

②ブロックチェーンとは?

 先ほどの説明の中に出てきた、「ブロックチェーン」とは1度作られたデータを2度と改ざんできないようにする仕組みのことを言います。
データをチェーンのように小分けに暗号化し、分散管理されています。これにり、コピー、改ざんが出来なくなり、また、データが消えることがありません。
仮にデータの改ざんを行っても、小分けにしたデータの1部しか改ざんできていない為、
小分けしたすべてのデータの整合性が取れない為、改ざんデータを上書きすることができません。
ビットコインなどの暗号資産もブロックチェーンの仕組みを利用している為、数100万円のやり取りなども容易に行えるようになりました。

Invest Navi-https://fisco.jp/media/what-is-nft/

③仮想通貨とは?

 仮想通貨とは、先程説明した「ブロックチェーン」の技術で作られたデジタルで取引する通貨の事を言います。こちらも、ブロックチェーン技術を使用する為、データの改ざんができない為、安心してデジタル上の通貨を扱うことができます。
また、仮想通貨は国の通貨(日本でいうところの円)とは違い、国が管理しているものではない為、国の情勢によって、通貨の価値が変動することはありません。
仮想通貨の価値は、「欲しい人」と「売りたい人」の需要と供給のみで行われます。
NFTが(非代替性トークン)というのに対し、仮想通貨は(代替性トークン)と言います。
仮想通貨は、例えば1ビットコイン=1ビットコインと交換でき、ビットコイン自体に価値の違いがないのに対し、
NFTには、唯一無二の情報が紐づけられている為、NFTで紐づけられたデジタル資産は、それぞれの価値が異なるため、ほかのデジタル資産とは単純な交換ができません。
 

NFTアート

 現在では、このNFTを色々なことに活用しています。
その中で最も活用しているものが「NFTアート」です。従来のデジタルアートでは、簡単にコピーができてしまった為、そのデジタルアートにほとんど価値がありませんでした。
しかし、NFTアートでは、コピーや改ざんができない唯一のデータになるため、現実のアート作品と同様に資産価値が生まれました。
現在流行のNFTアートでは、様々な方が販売をし、多額な金額で取引されることもあり、注目されています。
 昨年の9月ごろのニュースでは、小学3年生が夏休みの自由研究で作成したドット絵が300万円で売れたニュースが話題になりましたが、素人が作成したアート作品も高額で取引されることもあります。


※脚注 【NFT狂想曲】なぜ、小学3年生の夏休みの自由研究に380万円の価値がついたのか

本日もご覧頂きありがとうございました!
次回もお楽しみに!


おすすめ情報

今から子育ての話し…

娘の好きなもの

 

 先月は自宅療養のため、自宅にいることが多かったので、娘と一緒に過ごしていました。

最近は、テレビを指さしながらキャラクターの名前を連呼することが多く、

おそらくチャンネルを変えろ!と言っているのだと思い、

テレビのチャンネルを変えてみると違うことが多いです。

実は娘の好きなものは、テレビアニメや番組ではなく、

キャラクターのおもちゃが好きらしく、youtubeで検索をしてみると、

アンパンマンなどのおもちゃを使った動画がたくさん出てきました。

そんな便利な時代に生まれた娘が好きな動画をご紹介します。

ぜひリモートで忙しいイクメンパパのご参考になれば幸いです!

 

娘の好きなyoutube

 

 僕が子供の頃とは違い、今では気軽にyoutubeが見ることができ、

その上、多くのyoutuberの方が投稿して下さるため、飽きることなく楽しめています。

出は、娘の好きなyoutubeをご紹介します!

 

Toy Kids★トイキッズ

 youtubeで「アンパンマン」と検索をすると、

子供に人気なのか、常に上位に検索が出てきます。

このチャンネルは、れおくんという男の子が、アンパンマンで遊ぶ動画や、

様々な施設で遊ぶ動画など、子供目線で楽しめる動画になっております。

アンパンマンのおもちゃを使って、「〇〇ごっこ」みたいな動画が人気で、

娘は何度も見返して、見続けています。

 娘はアンパンマンのおもちゃがとても好きみたいなので、

いろんなキャラクターを使った遊びを見るのが楽しいのだと思います!

 

ボンボンアカデミー

 最近は保育園や友達、テレビなどで覚えた歌を歌うのが好きで、

動画を見せると楽しそうに歌っています。

中には、手遊びをしながら歌う曲もあり、

このチャンネルの動画を見せると新しいものをどんどんと覚えていきます。

 

おどりっぴぃチャンネル – うたスタ公式

 こちらも音楽のチャンネルですが、Eテレの「いないいないばあ」

や「おかあさんといっしょ」の番組内で使用中の歌と踊りをコピーしていることが多いです。

このチャンネルを見ながら、体全体を使って踊って楽しんでいます。

以上です。

他にも、紹介しきれないほどのおすすめの動画がありますが、

少し関連ワードをいれて検索するだけでたくさんの動画が出てきます。

リモートワークや家事などで手が離せない時間もあるかと思いますので、

是非好きな動画を見つけてみて下さい!

本日もご閲覧ありがとうございました!

次回もお楽しみに!

おすすめ情報

今からスノーボード…

唯一できるスポーツのスノーボード!

 

 毎年、冬になると楽しみになるスノーボード!

小学校から現在まで、冬になると良く滑りに行きましたが、

これが唯一できるスポーツです!

今回は、ボードの楽しみ方とボードの選び方などをお伝えします!

 

スノーボードの楽しみ方(ボード選び偏) 

  

 お店に行くと様々な板が置いてあり、初めての方は選ぶのに困ると思います。

まずは、詳しい店員さんに聞くのが一番ですが、話していても専門用語などが多く、

自分に合った板を買えるかが不安になるとおもいます。

なので、自分のスタイルに合ったボードを選びましょう。

 

(ポイント1)・・・自分の身長を基準に板を選ぶ

 各メーカーで板の長さはたくさんありますが、

基本は(自分の身長)ー(15cm~20cm)=(ボードの長さ) です!

長めの板を使えば、滑っているときにスピードが出てもぶれにくいが、細かい動きが難しい。

逆に短めの板を使えば、スピードが出た際にぶれやすいが、細かい動きがやり易いです。

しかし、上記に書いた(15cm~20cm)の範囲であれば、かなりバランスの取れた長さなので、

問題ありません!

 

(ポイント2)・・・滑走スタイルを基準に選ぶ

出典:Mocomoco TOWN

滑走スタイルによって、板の形状や硬さなど扱いやすいものがあります。

しかし、初心者の方は全く気にしなくて問題ありません!

始める前から、スタイルは決まらないと思うので、選ぶ形状としては

・キャンバータイプ

・ロッカータイプ

の2種類がおススメです。 癖がなく、滑っていても安定します。

板の方さは、ミディアムで大丈夫です。

 少し経験もあり、滑っているうちにこのスタイルが好き!

という好みが出てきた方は、下記を参考下さい!

☆フリーラン・・・自由に滑るスノーボードの基本的なスタイルです。

         滑る+トリックを楽しみ、自由にゲレンデを楽しめます。 

 ・長さ:標準

 ・形状:キャンバー、ロッカー、ダブルキャンバー

 ・硬さ:ミディアム

 

☆カービング・・・広いゲレンデをカービングターンで爽快に滑ります。

         車のドリフトのように、側面のエッジを雪に食い込ませ、

         エッジで雪を削りながら滑る走法です。

 ・長さ:+2cm~+5cm

 ・形状:キャンバー

 ・硬さ:硬め

 

☆キッカー・・・ゲレンデ内に設置されているパークを楽しむスタイルです。

        ジャンプ台で空中技を決め、安定に着地できるかがポイントです。

 ・長さ:標準

 ・形状:キャンバー、ダブルキャンバー

 ・硬さ:ハード

 

☆グラトリ・・・ゲレンデの通常のコースでテクニックを使い、技を楽しむ滑り方です。

        グラトリとは、グラウンドトリックの略です。

 ・長さ:短め

 ・形状:フラット、キャンバー、ダブルキャンバー

 ・硬さ:柔らかめ(ダブルキャンバーはややミディアム)

 好みによって長さ、形状、硬さが変わりますが、

グラトリ以外は基本的な板を流用できると思います。

 

(ポイント3)・・・メーカーの選び方。

 スノーボードの板には様々なブランドがありますが、正直気にする必要はありません!

ただ、バートンの板だけは注意が必要です。

 ボードには、ビンディングという、ブーツを固定する器具が取り付けられていますが、

バートンの板にはバートンのビンディングしか取り付けられません。

その為、どのメーカーの板を選んでも問題ありませんが、

バートンだけはビンディングを同じメーカーにして下さい。

 以上が、板の選び方のポイントですが、

これらを踏まえて店員の方に聞いてみるのが一番です!是非ご参考下さい!

今回は、板の選び方偏という事でお伝えしましたが、

まだまだ話したいことが山ほどありますので、

別の機会にお話したいと思います。

 

本日はご閲覧ありがとうございました!

次回もお楽しみに!

うーちゃん豆知識

うーちゃんの豆知識…

独身でも家は買った方が良い?

 

日本では晩婚化が問題視されていますが、それと同時に男女ともに未婚率も増加しています。

全世帯に占める独身世帯の割合は3割を超え、2040年には約4割に迫ると言われているそうです。

 

独身の方の中には、実家で親と同居している人も居ますが、職場や生活スタイルから、

親同居しない単身世帯も増加しています。

 

そこで、独身の場合で一人暮らしをするには「賃貸」が良いのか「購入」するべきか迷われる方も

多くいらっしゃいます。

 

以下、持家派の意見を3つの視点から見た場合です。

 

<100歳時代到来>

今後日本人の寿命はよりご長寿になり100歳に達する人々も増加してくると言われています。

賃貸に住み続けていると、生きている限り賃料が発生します。

長生きすればするほど賃貸と持家との最終的な住宅への投資額の差は開き、

90歳あたりで賃貸費用は持家の1.5倍になると予想されます。

 

<資産価値>

純粋に所有する土地や建物は「資産」であり、賃貸は「消費」です。

同じ費用を投資したところで、資産として残るものか・何も残らないのかは、

購入をオススメする大きな理由になります。

 

<定年後の賃貸審査は厳しい>

独身の高齢者の賃貸住宅の入居は厳しいのが現状です。

保証人の問題・火元の管理・孤独死の問題に加え、定年後の収入源が限られた中で家賃の滞納が

ないか・認知症になったときはどうするか等、賃貸物件のオーナーからしてみれば不安な要素が

多いのです。

その為、高齢者不可とする物件も多く、スムーズな入居が難しいケースも多々あります。

 

<年金は生活費を賄う水準>

公的年金は基本的に家賃を織り込んで考えられてはいません。

国は持家住宅に関する税制・税金の優遇を数多くしています。

その為、定年までに国民は持家を確保していることを前提に年金の水準を定めています。

一生賃貸で暮らす場合は、それなりの貯蓄があり資金的に余裕がないと難しい場合が多いです。

 

~購入の際の注意点~

・購入には頭金や諸費用などの現金が必要なので、貯蓄して購入準備をする

・老後の利便性を考えた立地

・転職などの可能性を考え余裕のある月返済額にする

・住宅ローンは定年までに完済する

・家族構成が変わっても、賃貸・売却して資産価値として残る物件にする

 

他にも自身の人生設計によって、購入に適する物件の条件は変わってきます。

一度、ライフプラン表などを作成し人生をシュミレーションしてから、

不動産会社に資金計画や物件の相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

※因みに、二人以上世帯の持家率は30代で5割を超えていますね。

 

<賃貸に向いてる人って…>

また、ライフスタイルや所有資産によっては賃貸を選択し、

より自由を楽しむと言う意見もここのところ増えたように感じます。

俗に言う富裕層は、老後万が一の場合は現金での不動産購入が可能であり、

住まいの心配が少ないため、若いうちから定住するのではなく、マンション・戸建・都心・地方と

生活を楽しみ、ある程度お仕事も年齢も落ち着いたところで定住地を決定する。

というパターンです。

 

そして、最終的には相続不動産に定住するため、今は賃貸で。という方も

自身で持家を探すという行為は不要ですね。

 

持家か賃貸か?と言う質問はとてもよく受けるのですが、本当に人それぞれで正解はない!

が正解であると思っています。

 

迷われている方、是非不動産の専門家に相談してみて下さい。

きっと自身では気付かない様々な視点からの提案をいただけると思いますよ。