うーちゃん豆知識

うーちゃんの豆知識~冬に多いお家のトラブ…

冬に多い、お家のトラブル!

 

日に日に寒さが増してきましたね。冬はお家にとってもメンテンナンスが重要な季節です。

今回は冬のお家の気をつけるべきポイントをみていきましょう。

 

<結露>

窓やサッシに水がたまる「結露」に悩まされる方も多いですね。温度が高ければ高いほど、空気に含まれる水蒸気が多くなります。

それぞれの温度に対して、空気の中に含むことが出来る最大の水蒸気量を「飽和水蒸気量」と言います。

この「飽和水蒸気量」は、温度が低くなればなるほど少なくなるため、気温が急激に冷えると、空気の飽和水蒸気量が下がり、

水蒸気の形で存在することが出来なくなった物が水となって現れます。この温度差によって現れた水が結露です。

「結露」は家を腐らせ、カビやダニの原因にもなります

結露から発生するカビは人の健康にも影響を与えます。例えば、カビは呼吸器疾患を引き起こす原因として認識されています。

子どもの場合は、気管支喘息、高齢者なら肺炎が代表的な例です。また、結露が住宅内部にまで症状が進むと、

建築材料が腐り住まいの寿命を縮めてしまいます

結露を防ぐためには、「温度20℃、湿度50%程度」の環境であれば、カビやダニが発生しにくくなります。

また、こまめに窓を開け換気をする、加湿器の使用はなるべく避ける、カビの増殖を抑えるためにこまめなお掃除をする、

結露はすぐに拭き取る、などの対策が重要です。

 

<ヒートショック>

急激な温度の変化によって、血圧が急激に変化したり、脈拍が早くなったりして突然死や心筋梗塞・脳梗塞を引き起こします

特に冬場のお風呂・脱衣所・トイレは温度差が激しく、高齢の方や持病を抱えている方は注意が必要です。

ヒートショックの予防には家の中の温度差をできるだけ少なくすることです。

最近の家では、浴室に浴室換気暖房乾燥機がある家も多くなりましたが、築年数が経っている家だと暖房設備のない家もあります。

脱衣所に暖房器具を置き脱衣所の温度を上げておく、暖かいシャワーを浴室にまくなどしてお風呂場の室温もあげておく、

浴槽に入る前は身体の先から少しずつお湯をかけていき身体を温めていく、などの対策をしましょう。

また廊下やトイレの温度差を減らすよう、リビングの扉を開け家中の温度を一定にしましょう。

 

<可乾燥>

最近では全館空調で24時間換気をしたり、暖房を入れたりして「過乾燥」になってしまう家が多くあります。

また、高気密・高断熱で建てられている住宅も増えていますが、これにより「過乾燥」になってしまうこともあります。

冬の乾燥は、美容の大敵ですし、インフルエンザや風邪も引き起こしやすくなるので避けたいですね。

対策としては室内の湿度を調整してくれる「観葉植物」などの植物を部屋に置くことや、

洗濯物の室内干しも住宅に適度の湿気をもたらしてくれます。

 

上記の事をふまえ、冬の時期の不動産探しはこんなことがわかります!

 

さて、これから益々寒くなり、不動産探しも一旦お休みしようかなと思っている方に朗報です。

冬の時期に不動産を見に行くと冬ならではの情報を得ることができるのです!

 

「冬に多いお家のトラブル」でお伝えした注意事項、これを実際に確認した上で購入できるので、

冬に強いお家選びができるのです!

 

<結露>

断熱材による室内の暖かさを確認できたら、内と外の温度差からなる「結露」の確認をしましょう。

居住中の物件であればお住まいの方にどの部屋のどの箇所に結露が発生しやすく、どのような対策を取ってきて、

現在どのような状態になっているかを実際に目視で確認しましょう。

結露の状態が深刻で、カビが壁の内部まで発生しているような場合は、家の寿命にも影響してきますので、

購入前に一度専門家に診断してもらうと安心ですね。

 

<断熱材の効果>

築年数の経っている物件は断熱材の効果が発揮されていない場合も多くあります。

暖房を切った状態でどの程度冷え込むのか確認してみましょう。

 

<ヒートショック>

リビングは暖かくしているお家が多いですが、廊下や浴室やトイレ、脱衣所の温度が著しく冷え込む場合は、ヒートショックの原因になります。

断熱材の効果にも繋がりますが、その他にも浴室に暖房機能がついているか、洗面所に暖房器具を設置する場所はあるか、

リビングの扉を開けておけば廊下との温度差はなくなるのか等、実際にお住まいになったときのことをイメージしながら確認してみましょう。

 

<日当たり>

冬の時期は日の高さが低いので、例え南向きでもお部屋のどこまで日が届くのかを、実際にお家に居る時間帯で確認してみましょう。

また、お庭がある場合もどのあたりまで日が届くのかを確認しておくと、家庭菜園やガーデニングをするときの参考になりますね。

 

冬に「このお家は素敵だ!」と思えたら、きっと春も夏も秋もより過ごしやすく日当たり良くなる可能性が高いのです。

よって、実は冬の時期はお家探しに適しているのです!