うーちゃん豆知識

うーちゃんの豆知識~住宅ローンが支払えな…

住宅ローンが支払えなくなったら。。。

 

昨今の経済情勢により、家計の中でも大きな割合を占める「住宅ローン」の支払いが難しいと感じる方もいらっしゃいます。

そこで本日は、住宅ローンの支払いが滞るとどうなってしまうのか?また、住宅を手放さないいくつかの方法について説明していきます。

 

【住宅ローンを滞納し続けるとどうなる?】

住宅ローンの支払いが滞り、そのまま何もしないでいると、次のような順序で金融機関や保証会社が手続きを進めていきます。

 

2ヶ月滞納

金融機関から電話や催促書・督促状が届きます。

3ヶ月滞納

この時点で多くは個人信用情報に金融自己記録が掲載されます。

(ブラックリストと言われるものですね)

6ヶ月滞納

期限の利益の喪失により分割払いができる利益を失ったことになります。

その為ローンの一括払いを請求されます。

7ヶ月滞納

代位弁済通知が届き、保証会社が代わって金融機関に住宅ローンの一括返済をします。

9ヶ月~11ヶ月

保証会社から差押通知が届き、競売が申し立てられます。

(「競売」とは保証会社が現金を回収するために強制的に担保の不動産を売りに出すことです)

13ヶ月~16ヶ月

現地調査後に競売の入札が開始され、買主が決まると売却決定されたことの通知が届きます。

※競売には様々なデメリットが生じるため、「任意売却」という選択肢もあります。

こちらは後ほど詳しく説明します。

 

【お家に住み続けたい場合】

しかし、次の住まいに移る事が難しい、お子さんの学校やご近所のお付き合いで、

今のお家に住み続けたいと思う方もいらっしゃいますよね。

そのような場合には以下の方法もご検討頂けます。

 

※ここで注意しておかなければいけない事があります。

そう、金融機関から電話が来たり催促書・督促状来たら、そのままにしておかないことです。

無視してはいけません。

※また、借金して無理に返済を続けることも得策とは言えません。

住宅ローンは大抵の場合10年~35年と長きにわたり返済をし続けるローンです。

一時的に資金を調達していてもそのうちにやりくりしきれなくなります。

 

それでは、いくつかの方法を見ていきましょう。

 

【リースバック】

リースバック業者等に不動産を売却後、

所有主と賃貸契約を結ぶことで引き続きその住宅に住み続けることができる仕組みです

場合によっては、将来資金が貯まれば買い戻す事も可能です。

しかしながら、売却代金よりローンの残債が上回ってしまった場合には、残債を返済しながら

家賃も支払わなければいけないので負担が重くなるケースがあります。

また、将来住宅を買い戻す場合は多くの場合、売却したときよりも価格は高くなります。

 

【住宅資金特別条項(住宅ローン特則)】

個人再生をする際に住宅ローン特則を利用すると、住宅ローンを従来通り支払いつつ、

住宅ローン以外の借金は減額や分割払いにする事ができる特則です。

こちらはいくつかの利用要件を満たす必要があるので、注意してください。

 

【親子間売買】

親子で売買をするということですが、正直あまりオススメはできません。

親の持家を子が住宅ローンを組んで購入するということは、将来的に子供が家庭を持ち、

新居を構えたいと思った時に二重で住宅ローンを組む事が難しいのです。

そもそも親子間売買でお金を貸してくれる金融機関が少ないです。

 

最後に「競売」と「任意売却」の違いについてご説明します。

【競売】

・保証会社が裁判所に申し立てることにより、強制的に不動産を売却する。

・売却価格は相場の50%~70%程度、残債が残る可能性が高い

・新たな所有者が決まり次第強制退去

・売却情報が公に公表されるため、近所や知人に知られる可能性がある

残債の返済は一括返済を求められる。

 

【任意売却】

・通常の不動産売買と同じ方法で売却されるので、相場に近い価格で売却出来る可能性が高い

・引渡し時期などは買主と協議し決める事ができる

・通常の売買と同じ方法なので、近所や知人に内部事情を知られない

・残債が出たとしても分割での返済が可能

自分の意志での売却活動が可能

 

 

厳しい経済状況の中、生活の基盤である住宅については、特に丁寧に計画を立て、確実に実行していくことが大切です。

一人で全てを抱え込まずに、相談してみて下さい。

家計の変化は個人の力ではどうしようもない事情が多々あります。人生の失敗では決してありません。

止まったり、後戻りしながら、1歩でも2歩でも、少しずつ前に進みましょうね。