うーちゃん豆知識

うーちゃんの豆知識~夫婦で住宅ローンを組…

夫婦で住宅ローンを組む際の注意点

 

近年では女性の社会進出が当たり前、共働きの夫婦は増加の一途をたどっています。

それに伴い家計は夫婦別財布、もちろん「住宅ローンも夫婦2人で組みましょう」というのも自然の流れなのかもしれません。

夫婦それぞれが住宅ローンに契約し、加入することを「ペアローン」と言います。

 

ペアローンは2本の住宅ローンを契約することになります

夫婦は自分の借り入れに対して支払い義務を負います

例えば3,000万円の住宅ローンをペアローンで組む例として、夫が2,000万円、妻が1,000万円の住宅ローンをそれぞれ組むと言う事です。

この場合、夫は妻の連帯保証人となり、妻は夫の連帯保証人となります。ローンを借りた分の所有権についてもそれぞれ取ることができます。

 

メリットとしては、高額で夫一人の収入では融資が足りない場合に、妻の収入も合算して融資が受けられることです。

また、住宅ローン控除を世帯として最大限活用したいといった目的でもペアローンを活用できます。

 

ペアローンの注意点としては、事務手数料やその他諸費用が2倍必要になることがあげられます。

また、団体信用生命保険は住宅ローンの契約者が返済中に死亡・高度障害状態になったとき、ローンの残額を肩代わりしてもらえる保険ですが、

ペアローンの場合は、夫にもしものことがあり住宅ローンが相殺されても、妻の住宅ローンは残ります。

同じように妻にもしものことがあっても夫の住宅ローンは残ります。

そして将来的に配偶者が退職する事になったときのリスクも理解しておきましょう。

 

世帯の収入を合算するという意味では、「連帯保証型」「連帯債務型」で住宅ローンを組む方法もあります。

 

<連帯保証型>

合算者が連帯保証人となり、一人では返済負担率の問題で借りられないという状態を解消する方法です。

金融機関により合算できる割合やパートでも合算対象になる等の決まりが異なります。

この場合、連帯保証人は住宅ローン控除・団体信用生命保険は対象外、名義も債務者のみの名義となります。

債務者の死亡時は団体信用生命保険が適用されるので、連帯保証人が返済する必要はなくなります。

ただし、債務者の支払いが滞った場合は保証人に支払い義務が生じます。

 

<連帯債務型>

夫婦2人が債務者という扱いになります。(3,000万円の借り入れの際、夫の債務3,000万円、妻の債務も3,000万円)

住宅ローン控除は2人で受けることがき、所有権についてもそれぞれ持つことができます。

注意点として、団体信用生命保険は通常主債務者1人しか加入できない(フラット35以外)ので、

主債務者が夫の場合、夫にもしものことがあっても、妻自身の住宅ローンは返済し続けなければいけません。

そして民間金融機関では連帯債務の取り扱いは多くありません。

 

2人で住宅ローンを組む場合は、妻がいつまで働く予定であるか、

団体信用生命保険の問題でいざというとき他の生命保険で残債分を補えるかなど慎重に検討しましょう。

 

後に退職や離婚などの理由により、住宅ローンを一本化したくても、元々1人の収入で組むことが難しい

という理由でペアローンにしたのであれば一本化することが難しいケースがほとんどです。

収入に問題がなく一本化できても、住宅ローン控除の対象が1人になり、税制上配偶者への贈与となるため、

贈与税が課せられる可能性があるので注意が必要です。