うーちゃん豆知識

うーちゃんの豆知識~自宅の耐震性は大丈夫…

自宅の耐震性は大丈夫?

 

最近の地震の頻発により、自宅の耐震診断を依頼する人が増加しています。

今回は自身でも確認できるいくつかのポイントをみていきたいと思います。

 

まず確認したいのが、現在の建物が1981年6月1日以降に建築確認申請されたものかどうかです。

1978年の宮城県沖地震で多くの家屋が倒壊・損壊し甚大な被害をもたらしました。

それを機に大幅な建築基準法の改正が行われ、この改正以前を旧耐震基準、以降を新耐震基準と呼んでいます。

新耐震基準の大まかな定義は「大地震が起きても人命に関わる甚大な被害が出ないこと」、

震度6強~7の大規模地震で倒壊・崩壊しない、震度5強の中規模地震でほとんど損傷しない事が挙げられています。

これらは建築確認済証の交付日を確認すればわかります。

※特に建築期間の長いマンションは建物が完成した竣工日ではなく、建築確認済証の交付日です。

 

また木造住宅の場合は2000年6月1日以降の建築確認申請であればなお安心です。

1995年の阪神・淡路大震災で多くの木造住宅が倒壊しました。

それを受け、2000年に木造建築物の耐震基準をより強固にする改正が行われています。

新築時の地盤調査の義務化や耐震壁のバランス、筋交いや柱を留める金具の種類の明確化などが定められています。

 

 

そして、現在の住宅の経年劣化を確認する事です。

これまでの地震や自然災害で壁のひび割れや床下浸水はなかったか、雨漏りや柱の変色、

家の傾き、床下のシロアリ被害など目で見える劣化を確認し、修復していく事が大切です。

 

その他、増築している場合は既存部分と増築箇所の接合部分がしっかりしていないと数回の地震の揺れで弱くなり

崩壊の危険があります。また、吹抜がある場合(1辺4メートル以上の大きなもの)地震で建物が歪む危険があります。

 

 

そして、家を建築する前には地盤を調査する事も重要です。

どんなに丈夫な家を建てても、地盤がしっかりしていないと家が傾いてしまったり地割れを起こしてしまいます。

 

ご自身での診断に不安がある場合は、積極的に建築士などの専門家の耐震性能の評価を受けることをオススメします。

 

診断の流れは以下の通りです。

 

  • 予備調査(1~2週間程度)

必要な情報を収集(設計図や計算書、増改築がわかる資料等)

 

  • 本調査(3~6週間程度)

現地調査(構造駆体や非構造部材、設備機器などの現況調査)

 

  • 耐震性能の評価(1~3ヶ月程度)

予備調査・本調査を基に耐震性能の評価

 

※実施期間については建物の規模や形状により異なります

 

(耐震性能の評価:費用の目安は木造住宅で、12万円~25万円程度(図面ありの場合)です)

 

また、耐震性能の評価を受け、改修計画の策定や設計をして

(基礎・壁の補強、壁の配置の変更等)しっかり補強をしておくことでより安心・安全にお住まい頂けますね。

 

(補強工事:最も多い価格帯は100万円~150万円です)

※自治体の補助も上手に利用しましょう。

1981年から35年以上が経過し、新耐震基準を満たした建物でも、経年劣化が進んできている昨今、

一度専門機関に耐震診断をしてもらい必要な補強工事をすることが重要な防災対策になります。