うーちゃん豆知識

うーちゃんの豆知識~シニア向け住宅、元気…

シニア向け住宅~元気な今、住み替える~

 

元気なお年寄りが増える中、終の棲家は元気な今のうちに決めておこう!と思われる方も少なくありません。

また、「一軒家では防犯が不安だし、買い物や食事の支度も大変、話し相手がいると楽しいのに…」という理由から

シニア住宅を検討される方もいらっしゃいます。

 

一言にシニア住宅といっても、どのような住宅がどのくらいの費用で住めるのか気になりますね。

シニア向け住宅の代表的な3つは

 

・サービス付き高齢者住宅

・自立型有料老人ホーム

・シニア向け分譲マンション

 

<サービス付き高齢者住宅>※15~20万/月、入居時40~60万円

安否確認・生活相談などのサービスがついた高齢者向けの賃貸住宅です。施設によりサービスの内容に格差があり、

要介護になったときの連携にも注意が必要です。

 

<自立型有料老人ホーム>※10~15万円/月、入居時1000万円~2億(一生分前払い)

入居時に自立していて、要介護になると介護居室へ住み替えられるシステムです。充実したトータルサービスが受けられますが、

入居金が高額になります。

(横浜の相場は4000万円)自立型は老人ホームの10%ほどしかありません。

 

<シニア向け分譲マンション>※購入費用1000万円~

基本的には区分所有権の分譲マンションなので、所有権を売却・相続も出来ます。

施設はバリアフリーであることは勿論、食事提供やフィットネス・レクリエーション施設も充実、

緊急時の対応が備わっており、高齢者が安心して暮らせます。

 

~関東シニア向け分譲マンション~

・デュオセーヌ柏の葉キャンパス

・グランコスモ武蔵浦和

・スマートコミュニティ稲毛

・聖路加レジデンス

・サンシティ町田

・サンシティみなとみらいEAST

・グランクレール成城

・ライブガーデン千葉浜野

・レジデンス白金スイート

・マストクレリアン神楽坂

・ダイヤモンドライフ湘南

・グレイプス浅草

・リンク平和台

・中銀ライフケア横浜・港北

・逗子ヘルス・ケア・マンション

・インディペンデンスヴィレッジ成城西

・デュオセーヌ緑山

・ダイヤモンドライフ森の里ヒルズ

 

シニア住宅の費用としては

{(月額住宅費用+食費)×12ヶ月}×残存寿命年数=必要費用

で概算を出してみましょう。

 

一概に費用が高いから素晴らしい設備やサービスがあるという訳ではありません。

どのような生活スタイルで何の楽しみを充実させたいか、どのようなサービスや利用条件を重視するか、一人一人全く違います。

まずは、検討する地域のシニア住宅の情報をより多く集め、比較検討しましょう。

お子様がいらっしゃる方は、お子様が通えるかも大切ですね。

 

そして、必ず現地へ見学に行くことをオススメします。

日当たりや間取り、雰囲気や管理体制、周辺の生活便利施設の確認など、ご自身の目で確かめる事が重要です。

 

元気満々な今のうちに、十分な下見をして快適なシニアライフを実現させましょう!