うーちゃん豆知識

うーちゃんの豆知識~市街化調整区域のマイ…

市街化調整区域のマイホームの注意点

基本的に市街化調整区域は市街化を抑制する地域であるため【住宅を建てることができない地域】です。

 

しかしすでに開発許可を受けていて、大規模な宅地造成をして分譲販売されている土地などは意外と多いです。

 

そこで今回は市街化調整区域にマイホームを持つ場合の注意点を見ていきましょう。

 

・市街化調整区域は無秩序な市街地の拡大を防ぐ地域です。

その為、建築における制限が多いです。理想のマイホームが建てられるかどうかを事前に良く確認しましょう。

 

 

・住宅地ではないため、道路の舗装や下水道など生活インフラが十分になされていない場合があります。

スーパーやコンビニなど生活に必要な店舗が少なかったり交通インフラが乏しかったりするので、

生活に不便さがないか確認しましょう。

 

・一般的な土地に比べて市場価値が低いので、住宅ローン融資を受けることが難しい場合や減額される場合があります。

住宅ローンを検討している場合は注意が必要です。

 

・建築の制限が多い市街化調整区域では、建替えやリフォーム、増築の際に希望通りの施工ができない場合があります。

中古物件を購入して、リフォームをしてから住まう場合には事前に建ぺい率・容積率

(建てられる建物の規模)やその他の制限をしっかり確認しましょう。

 

・将来的に売却を考えている場合には、市街化区域などに比べると売りづらい局面はありますが、

市街化調整区域でも条件によっては十分価値を保てる場合もあるので、

売却前には不動産の専門会社とよく相談して進めて行きましょう。

 

・市街化調整区域の土地の条件や制限は、立地する自治体により様々です。

分譲された土地・新築戸建・中古戸建それぞれに確認しなければいけない書類や自治体の窓口に

確認した方が良い内容があるので、不動産会社のとともに確認漏れのないように注意しましょう。

 

市街化調整区域は高層ビルや大規模な商業施設が建築されにくいので、

自然の残る静かな環境で生活をしたい方にはメリットがあります。

 

 

まずはどのような生活環境を希望するのかを熟慮し、

優先順位をつけながら理想のマイホームを見つけましょう!