うーちゃん豆知識

うーちゃんの豆知識~不動産購入時に必要な…

不動産購入時にはどのくらいの現金が必要?

不動産購入にあたって現金でどれくらい必要なのか、事前に把握しておくとその後の資金計画がとてもスムーズになります。

 

おおよその諸費用を概算で出してみて、貯蓄を見直した上で、無理なく住宅に充てることのできる資金を明確化していきましょう。

※↑諸費用支払いのタイミング

 

それでは、契約・決済時に必要な諸費用を見ていきましょう。

 

<契約時>

 

【手付金】(購入代金の一部)

売買契約時に支払うお金で一般的には現金で用意します。通常は購入代金の5%~10%程です。

何も定めがない場合は解約手付と見なされ、一方的な理由で契約を解除したい際、

解約をしたのが買主であれば手付放棄・売主であれば手付倍返しで契約を解除できる、という意味を持ちます。

手付額が低すぎると簡単に契約解除できてしまう為、ある程度の額が必要です。

※3,000万円の物件であれば30万円程度。

 

【印紙税】

売買契約書に貼る形で支払われる税金です

一般的には印紙は仲介会社が用意している場合が多いので、現金で用意します。

500万円超~1,000万円以下は5,000円

1,000万円超~5,000万円以下は10,000円

5,000万円超~1億以下は30,000円

※3,000万円の物件の場合1万円

 

【仲介手数料】

仲介会社に支払う手数料です。これは宅建業法により上限が「物件価格の3%+6万円×消費税」と決まっています。

(物件価格が200万円以下は5%、200万円超400万円以下の物件は4%+2万円)

※3,000万円の物件の場合96万円+税(契約時に半金・決済時に半金を現金で用意します。)

 

<決済時~購入後>

 

【不動産取得税】

不動産を取得したときに一度だけ支払う税金です。

土地・建物の課税標準額(固定資産税評価額)にそれぞれ税率3%をかけます

軽減措置があるので確認が必要です。

※評価額2,000万円で軽減措置1,200万円ありの場合2万4,000円(措置なしの場合6万円)

 

【固定資産税・都市計画税の清算金】

1月1日の不動産所有者に対してかかる税金です

一般的には日割りで計算した金額を売主に支払います

 

【登記費用】

不動産の所有権移転の登記や抵当権設定登記の際に必要な登録免許税や司法書士への報酬です。

中古建物の所有権移転の登記は通常2%ですが一定条件で0.3%に軽減措置があります。

土地は2%→1.5%、抵当権設定登記0.4%→0.1%

※約20万円~(依頼する司法書士や売買金額によって異なる)

 

その他住宅ローンに関する費用(印紙代・事務手数料・保証料・団体信用生命保険特約料・火災保険料等)、

引越費用や家具購入費などがあります。

 

 

リフォーム費用や新居に合わせた家具・家電の購入、時期によってはお引っ越し費用も高額になってきますよね、

物件価格に気を取られて、購入後に気がついた!なんて事にならないためにもしっかり住宅購入費用に組み込みましょうね。