うーちゃん豆知識

うーちゃん豆知識~住宅ローンどんなものが…

住宅ローンにはどんなものがあるの?

住宅購入の際、ほとんどの方は住宅ローンを利用します。

しかしながら、返済計画も経済状況も人それぞれです。

自分に合った住宅ローンを利用するには、事前に「こんなものがある!」と知識を入れて、

事前審査などの準備をしておくと物件が決まってからの流れがとてもスムーズです。

住宅ローンは大きく分けて「公的ローン」と「民間ローン」があり、その中間的なものに「フラット35」があります。

※フラット35は最近では主流になってきています。

それではそれぞれのローンについて詳しく見ていきましょう。

<公的ローン>

公的ローンには「財形住宅融資」「自治体融資」があります。

最近では民間融資に魅力的な商品が出ているため、公的ローンを利用する人は減少傾向です。

【財形住宅融資】

財形貯蓄を1年以上継続していて、貯蓄残高が50万以上あること、その他一定条件を満たした人が利用出来ます。

比較的金利は低いのですが、金利は5年毎に変わるので将来的な資金計画は立てづらいと言えます。

【自治体融資】

地方自治体が行っている融資です。最近では利用出来る自治体が減少しています。

自治体により条件や内容がことなるので各自治体にお問い合わせください。

<民間ローン>

民間ローンは取り扱いが多く種類も豊富です。民間ローンは借りる人への一定の審査があるので、

希望の機関で融資が受けられるか「事前審査」を行うことをオススメします。

【銀行ローン】

都市銀行や地方銀行がそれぞれに行っているローンです。給与の振込口座にしている銀行で

住宅ローンの借り入れをすると金利優遇を受けられる等、様々なサービスが提供されています。

【信用金庫・信用組合ローン】

利用出来る地域や職業が限定されていることが多いです。金利は低金利の商品もあります。

【JAローン】

JA組合向けのローンです。組合費を納めて准組合員になれば、農家以外の人でも利用出来る場合もあります。

【住宅ローン専門会社】

実店舗がなく、インターネット上だけで営業している会社もあります。

人件費がない分、比較的金利の低い商品があります。

<フラット35>

銀行や保険会社、ノンバンクなどが取り扱っている住宅ローンです。

各金融機関はあくまでも窓口で、ローン債権は住宅金融支援機構が買い取る仕組みです。

【フラット35】

最長35年の長期固定金利型の住宅ローンです。

35年間一律の固定金利か、11年目から金利が上がる段階性かを選択できます。

返済終了までの金利がわかるので返済計画が立てやすいです。また、保証料も無料です。

物件に対する審査は厳しい一方、借りる人に対しての審査は緩やかで、

転職したばかりの人や収入が不安定な人も利用出来る場合があります。

【フラット35S】

省エネルギー性、耐震性など質の高い住宅が対象です。

当初5~10年間はより通常のフラット35より金利が優遇されます。

※フラット35を利用出来る「人」の要件

・申込時に70歳未満であること

・一定の収入があること

・日本国籍または永住許可を受けていること

・フラット35と他の借り入れを合わせ、年収の中で占める年間返済額の割合が、

年収400万円未満:30%以下

年収400万円以上:35%以下 であること

・本人または親族が住むための住宅の建設資金または購入資金であること(リフォーム資金不可)

昨年度に引き続きコロナウィルスの変異株の出現により我慢を強いられる毎日ですね。

住宅ローンに関して言えば、長期金利は上昇傾向からの横ばい、10年固定は4ヶ月ぶりに引き下げです。

フラット35は先月より4ヶ月ぶりに0.01%引き下げ、1.36%です。

今後何かの要因で長期金利は上昇する可能性がありますので、注視しながら検討して参りましょう。