うーちゃん豆知識

うーちゃん豆知識~中古物件を探す際の注意…

中古物件を探す際の注意点

マイホーム探しで、中古戸建も検討している方は年々増加しています。

昔は立地の良い土地から次々と家を建てられてきたため、中古物件は立地が良い場合も多く、

注文住宅などは築年数が経っていてもどっしりとした質の良い建具を使用しているので、

少しリフォームすれば快適に住まうことができます。

十分な資産価値もあるのです。

しかしながら、どこをチェックすれば優良な物件を選択できるのか、

専門家でもない限り見極めるのは難しい事です。

例え不動産を仲介している営業マンでも、建築の知識を得ている人ばかりとは限りません。

そこで、宅建業法改定により、2018年4月「インスペクションに関する規定」が施行されることとなりました。

インスペクションとは「住宅診断」です。

建物状況調査であり、既存住宅の契約前に<構造耐力上の安全性>~蟻害・腐朽・腐食・傾斜・躯体のひび割れ・欠損等~、

<設備配管の劣化状況><雨漏り・水漏れ可能性>を目視可能な範囲で診断すると言うものです。

(国土交通省ガイドラインより)

※インスペクションで確認できない重大な欠陥が発覚した場合に備えて、「既存住宅瑕疵保険」の加入も促しています。

気になる物件が見つかったら、購入する前に一度プロの第三者機関に現状の建物を診断してもらう

そして、リフォームや修理にどのくらいの費用を要するかを把握すれば、想定外の出費も抑えられますね。

また、不動産会社には、1,売買を請け負う媒介契約の際にインスペクション事業者の斡旋ができるかどうかの明示 

2,売買契約にあたって重要事項説明の際に、インスペクションが実施された場合はその結果の説明義務 

3,売買契約時に売主・買主双方による診断すべき状態を確認し、その内容を書面にて交付する という義務が課せられています。

物件を紹介してもらった不動産会社に、インスペクションが済んでいるか、確認してみても良いですね。

その他、ご自身でも目視で確認できるポイントとしては、外壁と基礎のクラック(ひび割れ)です。

幅0.3ミリなら問題なしとしますが、長さが1メートル以上あったり、幅が0.5ミリ以上の場合は要注意です。

また、家の基礎に大きなクラックがある場合も注意が必要です。

    

地震大国の日本、今後も何度となく訪れる揺れに、大きなクラックから家が傾いたり、沈下する可能性も…。

※物件の目視や確認をしにいく場合は、必ず不動産会社を通して許可を得て行きましょう。

もし、家の中まで確認が可能であれば、扉の開閉がスムーズか、クロスや壁にひびはないか、

雨漏りの痕や木材の腐食はないか、床の傾きや凹み、キッチンや風呂の排水溝の臭い、

窓の周りのカビ等、メモをとりながら細かく確認してみましょう

小屋裏や床下は知識も必要になるため、プロにお願いする方が安心です。

長く快適に住まう為に、自身の目で見極めることも大切ですね!

不安・心配、是非聞かせて下さい!私たちと一緒に後悔しない家探しをいたしましょう♪