おすすめ情報

今からNFTの話しない?

最近話題の「NFT」

 

 こんにちは、高橋ぃぃeeeee!です。昨年からテレビ番組やニュースなどで話題の「NFT」はご存知ですか?簡単に言うと、「コピーの存在しない、デジタル上の唯一無二のデータ」になります。このNFTが現在話題となっており、「NFTアート」や「NFTカード」など、革新的な技術により、デジタル上のデータに資産価値が証明できるようになりました。
今回は、NFTについて簡単にご紹介したいとおもいます。 

 

話題のNFTについて

①NFTとは?

 そもそも「NFT」とは何なのでしょうか?
今まではデジタル上のデータはコピーや改ざんが出来てしまったため、現物の絵画や宝石とは違い「資産価値」がありませんでした。
しかし、技術の進化もあり、ブロックチェーン技術(暗号資産で使われているもの)により、ブロックチェーン上で発行・取引されたデータをコピー・改ざんが出来なくなりました。
この技術により、自分がデジタル上で書いた「絵」がコピーや改ざんが出来なくなってしまった為、現物の絵画同様に「絵」に資産価値が付くようになりました。
その資産価値のついたデータの事をNFT(非代替性トークン)となります。

 

②ブロックチェーンとは?

 先ほどの説明の中に出てきた、「ブロックチェーン」とは1度作られたデータを2度と改ざんできないようにする仕組みのことを言います。
データをチェーンのように小分けに暗号化し、分散管理されています。これにり、コピー、改ざんが出来なくなり、また、データが消えることがありません。
仮にデータの改ざんを行っても、小分けにしたデータの1部しか改ざんできていない為、
小分けしたすべてのデータの整合性が取れない為、改ざんデータを上書きすることができません。
ビットコインなどの暗号資産もブロックチェーンの仕組みを利用している為、数100万円のやり取りなども容易に行えるようになりました。

Invest Navi-https://fisco.jp/media/what-is-nft/

③仮想通貨とは?

 仮想通貨とは、先程説明した「ブロックチェーン」の技術で作られたデジタルで取引する通貨の事を言います。こちらも、ブロックチェーン技術を使用する為、データの改ざんができない為、安心してデジタル上の通貨を扱うことができます。
また、仮想通貨は国の通貨(日本でいうところの円)とは違い、国が管理しているものではない為、国の情勢によって、通貨の価値が変動することはありません。
仮想通貨の価値は、「欲しい人」と「売りたい人」の需要と供給のみで行われます。
NFTが(非代替性トークン)というのに対し、仮想通貨は(代替性トークン)と言います。
仮想通貨は、例えば1ビットコイン=1ビットコインと交換でき、ビットコイン自体に価値の違いがないのに対し、
NFTには、唯一無二の情報が紐づけられている為、NFTで紐づけられたデジタル資産は、それぞれの価値が異なるため、ほかのデジタル資産とは単純な交換ができません。
 

NFTアート

 現在では、このNFTを色々なことに活用しています。
その中で最も活用しているものが「NFTアート」です。従来のデジタルアートでは、簡単にコピーができてしまった為、そのデジタルアートにほとんど価値がありませんでした。
しかし、NFTアートでは、コピーや改ざんができない唯一のデータになるため、現実のアート作品と同様に資産価値が生まれました。
現在流行のNFTアートでは、様々な方が販売をし、多額な金額で取引されることもあり、注目されています。
 昨年の9月ごろのニュースでは、小学3年生が夏休みの自由研究で作成したドット絵が300万円で売れたニュースが話題になりましたが、素人が作成したアート作品も高額で取引されることもあります。


※脚注 【NFT狂想曲】なぜ、小学3年生の夏休みの自由研究に380万円の価値がついたのか

本日もご覧頂きありがとうございました!
次回もお楽しみに!