おすすめ情報

アーモンドが健康・美容にイイ??!訳

☆栄養価に優れたスーパーフード☆

こんにちは。赤井です🦊

アーモンドはなぜ体に良いのか?!

女性を中心に人気のイメージがありご存じの方も

多数いらっしゃると思いますが、美容、ダイエット、健康維持(腸活)

にも役立つ栄養素が豊富に含まれていますね(*^-^*)

私が最初の興味を持つきっかけとなったのは

女性のPMSにも良いと聞いて・・・・・

アーモンドを食べることよりも簡単な

アーモンドミルクを2年前から飲み始めてみました。

👆コストコで1箱¥2098 1本¥175(無糖、乳成分なし) コーヒーに混ぜて飲むのが飲みやすいのでおススメです(*^-^*) 

アーモンド成分

ビタミンE :シミ・シワ対策のアンチエイジング

アーモンドには特に1番豊富に含まれている。

【抗酸化作用】がありシミ・シワなどの老化防止

アンチエイジング対策に嬉しい栄養素です。

また、免疫機能の低下、がんや動脈効果などの原因となる物質の

はたらきを防ぐ効果があります。

ビタミンB2:肌の健康維持

タンパク質、糖質、脂質などの代謝を助けエネルギーに

変換する際にも重要な役割を果たします。

ビタミンB2が不足すると口内炎、皮膚トラブルの他、

倦怠感、貧血、眼精疲労などの原因にもなると言われております。

食物繊維:整腸作用・生活習慣病予防

お腹の調子を整え、血糖値の上昇を緩やかにしたり、

糖など排出したりして脂肪をつきにくくする作用がある。

アーモンドには、レタスの9倍の食物繊維を含んでいると言われています。

ミネラル(カルシウム・カリウム・マグネシウム・鉄分)

:貧血・むくみ解消

骨や血液の成分になったり、エネルギーを作ったり

体の調子を整えてくれます。

PMSには1番大事な栄養素!

不飽和脂肪酸(オレイン酸・リノール酸)

:悪玉コレストロールの軽減、血圧降下

血管や血液を守る役割を果たします。

オレイン酸→悪玉コレステロールの低減させる酸を含んでいます。

リノール酸→血糖値をさげる作用が多く含んでいる良質な脂質です。

アーモンドの食べ過ぎには要注意!

過剰摂取によりビタミンEが体内に蓄積し肝機能傷害を

引き起こしてしまう可能性があるので要注意ですね。

また、アーモンドは食品の中では比較的カロリーは高めな為

食べ方を間違えてしまうと逆に太ってしまう原因になってしまいます。

アーモンドとアーモンドミルクの違い

アーモンドは1日20~25粒程の摂取量が最適と言われてるのに対して

アーモンドミルクは1日200㎖が良いとされています。

「カリウム」は体内の余計な水分を排除してくれる作用(むくみ)

がありアーモンドミルクよりはアーモンドの方が1度の摂取にとれる量が

多いので、目的によって摂取するのもありですね!

今回は女性のPMS効果で、【アーモンド】を紹介しましたが

他にも、食べ物では、

ナッツ類、ほうれん草、玄米、サツマイモ、サーモン、ナチュラルヨーグルト

などがホルモンを正しく調整してくれる作用がありますね。

アーモンドミルクを飲むことで即効性はないと思いますが、

日々の生活で簡単に取り入れられるのでストレスなく続けられます(*^-^*)

イライラや痛みが以前よりは軽減されたことにより

一生手放すことが出来なくなってしまったアイテムです(笑)